適切な勉強方法の選択を

ENGLISH

教材や学校の正しい使い方

これからTOEIC対策を始めようと考える方は、レベル別で販売されている教材を使いましょう。470点や860点など目指すスコアによって、使うべき教材はかわるため、適切なものを選ぶのが一番よいTOEIC対策になります。もしも、自身のレベルがまったく分からないのなら、TOEIC対策の学校を利用するのもよいでしょう。個人指導を行なっている学校を活用すれば、個人にあわせたカリキュラムを作ってくれるため効果的なTOEIC対策が行なえます。なお、ほとんどの方はTOEICを1度だけ受けるのではなく、目標とする点数を目指して何度も受験するはずです。そのときに意外と負担になるのが、毎回払わなければいけない受験料でしょう。その受験料を安くしたいと望むのなら、インターネットから受験の手続きを行ないましょう。TOEICテストにはインターネット限定の割引制度があるため、そちらを利用すればかなりお得に受験ができます。ただし、受験料の割引きが適応になるのは、手続きした回でも次回でもなく、1年後の試験なので気をつけましょう。英語の勉強は数ヶ月で終わるものではなく、年単位で行なうものなので、1年後も英語の勉強をしている可能性は高いです。そのため、1年後に受験するか分からないと考えていても、とりあえずでもインターネット上からの手続きをおすすめします。簡単にできる手続きで1割以上安くなるため、利用しないのはかなりもったいないです。