求められる英語力を考える

アルファベット

テスト勉強か英会話勉強か

現代のビジネスでは世界共通語の英語を操る能力が求められることが多く、会社でTOEICの高スコアを求められる場合もあるでしょう。そのときは、TOEIC対策を行なうことになりますが、会社によってやるべきことに違いがあるため気をつけなければいけません。まず、一つ目は英語でのコミュニケーション力を伸ばさずに、ひたすらテストを分析してTOEIC対策を行なう方法です。どんなテストにも傾向があるため、それを研究している方に講師をしてもらえば、スコア上げるためのポイントやコツを集中的に勉強できます。こちらの方法は、会社でのビジネスが英語には関係ないのに、なぜかTOEICの高スコアが昇級の条件になっているケースなどに便利に使えるでしょう。もう一つの方法は、英会話をしっかりと習いつつコミュニケーション力を伸ばしながら、TOEICのスコアもアップさせる方法です。英会話が堪能な講師のもとで、日常やビジネスで利用する英会話を練習しつつTOEIC対策を行ないます。ビジネスで外国の方とコミュニケーションが必要なため、TOEICのスコアだけあっても意味がない場合はこちらの方法がよいです。どちらのTOEIC対策を選定するかは、会社の事情によって違うため、きちんと見極めた上で勉強を開始しましょう。市販教材やスクールはもちろんのこと、現在ではオンラインサービスでも、どちらのTOEIC対策も行なえるようになっています。