ENGLISH

適切な勉強方法の選択を

目標のためにTOEIC対策を行なうのなら、スコア別の教材や個人カリキュラムを組んでくれる学校を使って効率的に勉強しましょう。なお、受験料はインターネット限定で安くなるので(1年後)、利用しなければ損をしてしまいます。
アルファベット

求められる英語力を考える

会社で活躍するためにTOEIC対策を行なうなら、スコアだけが必要なのか、英会話力も必要なのかをきちんと見極めましょう。必要とされるものによって、通うべきスクールや使うべき教材が違うため、会社にあわせた方法で勉強を始める必要があります。
模型

スクールを活用したい人に

TOEIC対策にスクールを活用する事は大変有効とされているのは、試験の特性を研究して還元する機関だからと言えるでしょう。しかし、対策ばかりに捉われるのは危険です。自分が通いやすく学びやすい環境が、一番語学力を向上させるのに重要なのです。
学生

就職にも有利なスキル

TOEIC対策としては、特にリスニングと長文の対策を入念に行う必要があります。難しい英語を個人で学習する場合には、評判や相場を確認しながら適切な教材を購入し、事前にしっかりと対策を行っておきましょう。

単語帳

初めてのTOEIC

TOEICを初めて受ける方は、単語力と文法力をあげる事を軸としてTOEIC対策をしていきましょう。TOEICは読む、書く、話すの三つの要素を測るテストですが、その全てに共通して必要なのが単語と文法だからです。

女性

通う環境を選ぶ前に

TOEIC対策を提供しているスクールごとにカリキュラムが異なるため、前もってサイトで内容をチェックしましょう。自分自身で目標を明確にすることで、スクール側にも熱意が伝わりやすく、通うべきところを選びやすいです。

辞書

スキルアップに役立つ情報

スマホアプリやレベル別の通信教材を活用するのが、得点力アップに直結するTOEIC対策を行うためのポイントです。模試形式の教材を活用して本番と同じ環境で問題を解いたり、出題パターン別に学習すると、語学力も高められるでしょう。

TOEIC試験の準備

男女

対策してから申し込む

英語の実力を世間に示したいと考えるなら、日本国内でもっともメジャーな試験のTOEICを受けることを推奨します。民間資格でありながら様々な企業や学校でTOEICは重視されているため、英語力を示すのにはピッタリの存在でしょう。なお、TOEICというものは合格や不合格を決めるものではなく、自身の英語力を計測するための試験です。試験を受ければ成績がスコアとして通知されるため、純粋に英語力を知りたいのなら、まったくTOEIC対策をしない状態で試験を受けるのもよいでしょう。しかし、TOEICを受ける方の多くは、就職や進学などに利用するために目指しているスコアがあるでしょう。その場合は、書店や通信講座で入手できるテキストやスクールをTOEIC対策に活用することをおすすめします。試験対策として純粋に英語力を伸ばすのもよいですが、TOEICならではのスコアアップ対策も必要です。そのため、TOEIC対策に詳しい著者や講師の力を借りて、短期間でスコアアップを目指しましょう。TOEIC対策がひととおり終わって、試験に申し込みをしようと考えるなら、公式ホームページを利用するのが一番簡単です。オンラインなら24時間申し込めることに加えて、クレジットカードで支払いができるためとても便利です。それ以外の方法としてはコンビニでの申し込みがあり、支払いはレジで行ないます。ただし、コンビニに対応している端末が設置されていないと、TOEICを申し込めませんので注意しましょう。